はじめての日経225先物⑩ ~実践編(1);ローソク足~




こんにちは!

高田資産コンサルのスタッフいてゅーです。

今回からいよいよ実践編に入っていきたいと思います!!

基礎編で、日経225先物についてだいたいのことはお伝えしたつもりですが、

少しでも興味がわいて、やってみたいと思っていただけていたら幸いです。

実践編、初回は基本の“き”ともいえる『ローソク足』をご紹介したいと思います!

まずはローソク足って何だ?ということで、その概要から見てみましょう。😊🎵

【ローソク足とは】

ローソク足・・・Candle Chart🕯

その名の通り、「ろうそく」のような見た目から名付けられ、先物はもちろん株式取引やFXなどの様々な場面で活用されている日本発祥のチャートの一種です。

他にも欧米でよく使われるものに、同じく四本値を表した『バーチャート』や終値のみをつなげた『ラインチャート』というものがありますが、近年では世界的に見ても最もポピュラーなのがローソク足チャートになります。その理由として、ローソク足は視覚的な表現が他のチャートよりも優れている点にあります。

ローソク足は基礎中の基礎!海外でも広く使われる定番かつ重要なものなのです。💪🏻✨✨

【何を表す?①四本値】

ローソク足は、四本値という4つの情報を基に形作られ、その1本で一定期間における株価の値動きを表します。

四本値(よんほんね)

🔷始値(はじめね)

→期間中で最初に取引された値段

🔷終値(おわりね)

→期間中で最後に取引された値段

🔷高値(たかね)

→期間中で最も高く取引された値段

🔷安値(やすね)

→期間中で最も安く取引された値段

1本ができるまでの期間は、秒単位から年単位まで様々。

呼び名もそれぞれ付いています。

🔸分足(ふんあし)(1分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足…など)

→分単位の株価の動きを示す

🔸日足(ひあし)

→1日単位の株価の動きを示す

🔸週足(しゅうあし)

→週単位の株価の動きを示す

🔸月足(つきあし)

→月単位の株価の動きを示す

🔸年足(ねんあし)

→年単位の株価の動きを示す

【何を表す?②陽線/陰線】

さらに、大きく分けて「陽線」「陰線」の2パターンに分類されます。その違いは、一定期間における始値と終値の位置関係です。

陽線

=始値よりも終値の方が高い

・赤や白で表示されることが多い

・上昇相場で多く出現

陰線

=始値よりも終値の方が低い

・青や黒で表示されることが多い

・下落相場で多く出現

【何を表す?③ひげと実体】

ローソク足の胴体部分を実体と言い、上下に付いている棒部分をひげと呼びます。

  • 株価が大きく変動すればローソク足は長く伸び、小動きであれば短いローソク足が形成されます。
  • 実体やひげの長さや有無によって、今後のチャートの動きがどうなるか、捉え方が違ってきます。
  • 陽線と陰線では高値、安値は共通した位置であるのに対し、始値と終値は実体の上端と下端で逆になっています。

【活用の仕方】

ローソク足は、四本値の数値によって形作られていますが、そこから読み取れる情報は4つだけなんてものではないんです!✋🏻💨

1本で活用することもできるし、複数本で見ることもできます。👌🏻

それぞれの特徴的なパターンを基本的なローソク足として、形と名称、さらにそれが意味するところを紹介していきたいと思います。

【基本的な捉え方(単数の場合)】

まず、ローソク足の基本を理解しましょう。

相場の参加者が、買い方と売り方に分かれて、2つの勢力が相場でぶつかりあい、その結果として、どういう場合にそれぞれのローソク足となるかを見ていきます。

次の事柄に注目します。👀

👉🏻陽線か陰線か十字足か・・・買い方、売り方どちらが勝ったか

👉🏻実体の長さ、ヒゲの長さ・・・買い方、売り方の勢力と攻防

👉🏻出現した場所・・・トレンド継続か、転調のサインか

詳しく見ていきましょう。

🔘陽線

買い方の勝利。🙌🏻
日足の場合、1日の取引開始から終了まで買い方と売り方が戦い、最終的に買い方が勝利したということになる。
また、実体が長いほど、買いの勢いが強いと考える。

大陽線(だいようせん)

買い方の大勝利。
ローソク足の実体が明らかに長く、目立って存在感のある陽線を大陽線という。

買い方の勢力が、売り方の勢力を大きく上回っていることを表し、その後も買いの勢いが続くことを示唆。ヒゲがない、または短いほど強気。

陽線坊主(ようせんぼうず)

買い方の一方的な勝利。
始値=安値、終値=高値となっているため上下のヒゲがなく、比較的大きな実体をもつ陽線を陽線坊主(または陽の丸坊主)という。
買い方が一方的に押している状況を表し、その後も買い方の勢いが続くことを示唆。

市場にサプライズを与える材料や企業の好材料が発表されたときに出現することが多い。

ひげのないローソク足を『坊主』というよ!☝🏻

🔘陰線

売り方の勝利。🙌🏻
実体が長いほど、売りの勢いが強いと考える。

大陰線(だいいんせん)

売り方の大勝利。
ローソク足の実体が明らかに長く、目立って存在感のある陰線を大陰線という。
売り方の勢力が、買い方の勢力を大きく上回っていることを表し、その後も売りの勢いが続くことを示唆。ヒゲがない、または短いほど強気。

陰線坊主(いんせんぼうず)

売り方の一方的な勝利。

始値=高値、終値=安値となっているため上下のヒゲがなく、比較的大きな実体をもつ陰線を陰線坊主(または陰の丸坊主)という。

売り方が一方的に押している状況を表し、その後も売り方の勢いが続くことを示唆。

業績悪化や不祥事発覚などの想定外の悪い出来事が発生した後の急落場面で出現することが多い。

🔘十字線(寄引同時線)

引き分け。
始値と終値が同値となり、ローソク足の実体がない形。
相場が迷っていたり、買い方と売り方の勢力が拮抗している、と考える。
高値圏では、これまでの買い方の勢いを売り方が止めたことになり、下落への転換の示唆に。

安値圏では、これまでの売り方の勢いを買い方が止めたことになり、上昇への転換の示唆になる。

🔘上ヒゲ(上影(うわかげ))

買い方が高値まで買いで攻めたが、売り方の抵抗で押し戻された。
上ヒゲが長いほど、売りの抵抗が強かったことを示唆。

高値圏で上ヒゲが長い線が出た場合は、これ以上は上がれないだろうという思考が働くため、下落する可能性が高いことを示す。

🔘下ヒゲ(下影(したかげ))

売り方が安値まで売りで攻めたが、買い方の抵抗で押し戻された。
下ヒゲが長いほど、買いの抵抗が強かったことを示唆。

安値圏で下ヒゲが長い線が出た場合、これ以上は下がれないだろうという思考が働くため、上昇する可能性が高いことを示す。

9種の基本パターン

こちらは基本パターンとなる9種類のローソク足の形と名称です。🔰

出現度も高く、今後の相場の動きの参考になる形なので、ぜひ、知識として覚えておいてくださいね!

上昇・下落・様子見サイン

さらに、ローソク足ごとに上昇サイン、下落サインの強弱と、相場に迷いが生じ、様子見の雰囲気が出ている時に出現するローソク足をまとめたものがこちらになります。

それぞれ実際のチャートで見かけたらその後の動きをぜひ追ってみてください。😉

(参照元;テクニカル分析のカタチ)

相場は生き物

見ていただいたように、ローソク足は買い方、売り方の心理を実にシンプルに、かつ明白に表しているといえます。ローソク足の1本1本が買い方と売り方のせめぎ合いで、それが連続してチャートが形作られていきます。💎

この投資家心理の反映が“相場は生き物”と言われる所以になります。🐛💕

次回は複数本のローソク足の見方について見ていきたいと思います。

さらに!

これらの主要な基本パターンのローソク足が、実際の相場ではいつどのようにどれくらいの頻度で出現し、結果その後の動きがどうなったか、実際のチャートを見ながら同期間での検証を試みたいと思いますのでどうぞお楽しみに。😉✨

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

いてゅー🌱

いてゅーの過去ブログ

YouTubeやってます

高田資産コンサルのコンテンツ

・株式投資、先物、オプションで勝つための基礎知識を学ぶ→新・相場の教科書

・日経225先物、オプション、FXなどで相場の上下動で利益を上げる!→高田流!デイトレ講座
・日経225先物・オプションの需給で相場の方向性を読む→ 高田資産コンサル流「日経225先物・オプションの需給分析の実践方法」(投資ナビ版)高田資産コンサル流「日経225先物・オプションの需給分析の実践方法」(マガブロ版)

「高田流!資産運用」YouTubeチャンネルはコチラ

「高田資産コンサル」YouTubeチャンネルはコチラ

・高田資産コンサルTwitterはこちら(@takadacon)
https://twitter.com/takadacon
・高田資産コンサルスタッフのInstagramはこちら(@takasannn1214) https://www.instagram.com/takasannn1214/
・高田資産コンサルスタッフみさねむのInstagramはこちら(@misanemutakadacon)
https://www.instagram.com/misanemutakadacon/